少子化問題解決ホーム>> 他国の少子化政策 >> フランスの少子化政策

フランスの少子化政策

フランスでは、子供が多いほど課税が低くなる『N分N乗税制』導入が功を奏し、少子化に歯止めがかかっている。また、育児手当を先進国最高の20歳にまで引き上げる施策も好まれているようだ。

子供を4人以上産めば事実上各種手当だけで生活する事が可能、という徹底ぶりだが、そのため、低所得層の子供が増えるという指摘もある。

しかし、フランスにおける赤ん坊の48.5%は婚外出産であることを考えると、事実婚やシングルマザーなどの多様な家族のあり方に対して、社会が寛容である事が、一番の成功の理由であると考えられる。

他国の少子化政策

スウェーデンの少子化政策
スウェーデンでは、1980年代には出生率が1.6人にまで下がり、世界でも早いうちから少子化が問題とされていました。
>> 続きを読む
オランダの少子化政策
オランダでは、1970年代〜80年代にかけての出生率が大幅に低下し、1995年には過去最低の1.53人となってしまいました。
>> 続きを読む
イギリスの少子化政策
イギリスの出生率は、1960年代後半から低下しはじめ、1990年代後半まで1.6人前後で推移していました。
>> 続きを読む

少子化問題解決携帯サイト

携帯サイトQRコード

「シングルマザーが少子化問題解決」は、携帯で閲覧出来る携帯サイトをご用意しています。 電車の中で、待ち時間に、隙間の時間を見つけたら、ぜひ携帯でアクセスしてください。
QRコード、もしくは下記のリンクより携帯にURLを送信して、ご利用下さい。

携帯にURLを送る

このページのトップへ