少子化問題解決ホーム>> 他国の少子化政策 >> イギリスの少子化政策

イギリスの少子化政策

イギリスの出生率は、1960年代後半から低下しはじめ、1990年代後半まで1.6人前後で推移していました。

その後、労働環境の改善や教育制度の再建、外国人の無料出産などの政策をとった結果、2005年には1.79人にまで回復しました。

男女ともに育児のしやすい労働体系の構築や、個人所得の増加を併せた経済対策、長期的な出産・育児支援の充実が、出生率を上げることとなりました。

また、イギリスの少子化政策の一環として、「Child Trust Fund制度」があります。 これは、子供が生まれると自動的に250ポンドの小切手が政府から送られ、18歳になるまで下ろすことができないものの全ての人にお金が支払われる制度です。

さらに、イギリスでは子育てにほとんどお金がかからないのが特徴。出産費用、16歳までの公立学校の学費、医療費、薬がすべて無料となります。

他国の少子化政策

フランスの少子化政策
フランスでは、子供が多いほど課税が低くなる『N分N乗税制』導入が功を奏し、少子化に歯止めがかかっています。
>> 続きを読む
スウェーデンの少子化政策
スウェーデンでは、1980年代には出生率が1.6人にまで下がり、世界でも早いうちから少子化が問題とされていました。
>> 続きを読む
オランダの少子化政策
オランダでは、1970年代〜80年代にかけての出生率が大幅に低下し、1995年には過去最低の1.53人となってしまいました。
>> 続きを読む

少子化問題解決携帯サイト

携帯サイトQRコード

「シングルマザーが少子化問題解決」は、携帯で閲覧出来る携帯サイトをご用意しています。 電車の中で、待ち時間に、隙間の時間を見つけたら、ぜひ携帯でアクセスしてください。
QRコード、もしくは下記のリンクより携帯にURLを送信して、ご利用下さい。

携帯にURLを送る

このページのトップへ