少子化問題解決ホーム>> 他国の少子化政策 >> オランダの少子化政策

オランダの少子化政策

オランダでは、1970年代〜80年代にかけての出生率が大幅に低下し、1995年には過去最低の1.53人となってしまいました。

オランダ政府は、子育てのしやすい社会を構築するため、さまざまな政策を打ち出しました。

◆オランダの少子化対策

登録パートナー制度
法律婚をしないカップルや、同性同士のカップルなどが子供を育てることを認める制度。
ワークシェアリングや同一労働同一賃金制度の導入
パートタイム労働者であっても、正規社員と同様に社会的な地位や権利が認められる制度の導入により、家計の維持、家族との時間の増加によって、出生率の回復につながった。

他国の少子化政策

フランスの少子化政策
フランスでは、子供が多いほど課税が低くなる『N分N乗税制』導入が功を奏し、少子化に歯止めがかかっています。
>> 続きを読む
スウェーデンの少子化政策
スウェーデンでは、1980年代には出生率が1.6人にまで下がり、世界でも早いうちから少子化が問題とされていました。
>> 続きを読む
イギリスの少子化政策
イギリスの出生率は、1960年代後半から低下しはじめ、1990年代後半まで1.6人前後で推移していました。
>> 続きを読む

少子化問題解決携帯サイト

携帯サイトQRコード

「シングルマザーが少子化問題解決」は、携帯で閲覧出来る携帯サイトをご用意しています。 電車の中で、待ち時間に、隙間の時間を見つけたら、ぜひ携帯でアクセスしてください。
QRコード、もしくは下記のリンクより携帯にURLを送信して、ご利用下さい。

携帯にURLを送る

このページのトップへ