少子化問題解決ホーム>> 少子化問題 >> 少子化問題

少子化問題

第二次ベビーブーム以来、子供の数はどんどん減って来ています。これは離婚が増えて行くのに反比例しています。

2006年、子供の平均は1.25と過去最低でした。

少子化だとどんな問題が起こるのでしょうか?まず、人口の老齢化が進めば、年金は支払えなくなりますし、現在税金を使って行っている様々なサービスが、稼働不能になって来ます。全体的にも人口が減れば、経済が衰退して来ます。

このような状態は、第二次ベビーブーム以来、起こる事がわかっていました。しかし、どうしていいかわからず、政策は建てられないまま現在に至っています。

多くの政治家が、子供を産んだら助成金を出す等の付け焼き刃の政策を提案しています。しかし、それで本当に少子化にストップをかける事が出来るのでしょうか?

それを探る為にはまず、何故少子化が起こっているのかを考えねばなりません。

事項では、ありきたりの原因を上げつらねるだけではなく、政府の問題点も指摘します。

少子化問題

少子化の原因
少子化の原因は、晩婚化と非婚化につきます。それに加えて、近年の離婚率の高さも、少子化に拍車をかける原因です。
>> 続きを読む
晩婚化
平均初婚年齢は、徐々にあがってきており、結婚しない人も増えています。未婚化、非婚化などとも言われています。
>> 続きを読む

少子化問題解決携帯サイト

携帯サイトQRコード

「シングルマザーが少子化問題解決」は、携帯で閲覧出来る携帯サイトをご用意しています。 電車の中で、待ち時間に、隙間の時間を見つけたら、ぜひ携帯でアクセスしてください。
QRコード、もしくは下記のリンクより携帯にURLを送信して、ご利用下さい。

携帯にURLを送る

このページのトップへ