少子化問題解決ホーム>> 少子化問題 >> 少子化の原因

少子化の原因

少子化の原因は、晩婚化と非婚化につきます。それに加えて、近年の離婚率の高さも、少子化に拍車をかける原因です。

冷たい言い方ですが、離婚するかもしれないのに子供がいたら不利ですよね。それに、結婚してもまだ少し遊びたい、2人だけの甘い生活を楽しみたいと考えるカップルも増えています。

結婚は昔、家同士のつながりであり、子孫を絶やさない為には、一刻も早く子を産む必要がありました。しかし今では、家同士の風習こそ残っているものの、感覚的には欧米の個人主義が入って来ています。

また、子供を育てるのに、女性の負担だけが大きすぎるのも原因の一つでしょう。女性が社会進出して仕事を持ちながら、育児もまた同じだけのエネルギーをこめてしなければいけないのです。肉体的にもきついです。

更に、子供にお金がかかる時代になって来ています。

経済的に2人3人育てるのはきついのです。十分なことをしてあげたいと思えば、自ずと少子化に向かいます。

現代の日本の社会情勢において、少子化は必然です。これに歯止めをかけるためには、相当大胆な意識改革が必要であり、実際子供を生む20代〜40代の女性が快適に暮らせるよう、可能な限りバックアップする必要があります。

そのためには、結婚という古い制度にこだわっていては、難しいと思います。

数年前から政府も少子化対策をがんばっていますが、意識調査をするにあたって、既に子供のいる20代から40代の女性をターゲットにしています。

既に子供がいる女性というのは、産む前の感覚とは異なります。

手間がかかる、大変だ、お金がかかる、ということにフォーカスしがちです。

しかし今少子化の原因となっているのは、子供を産まない選択をする女性が、年々増えていることです。

子供を産んでいない20代から40代の女性、さらに言えば、結婚していない独身の20代から40代の女性をターゲットにした意識調査をしていくべきです。

未婚または未出産の20代から40代の女性が、少子化の原因となっている層に他ならないからです。

少子化問題

少子化問題
第二次ベビーブーム以来、子供の数はどんどん減って来ています。これは離婚が増えて行くのに反比例しています。
>> 続きを読む
晩婚化
平均初婚年齢は、徐々にあがってきており、結婚しない人も増えています。未婚化、非婚化などとも言われています。
>> 続きを読む

少子化問題解決携帯サイト

携帯サイトQRコード

「シングルマザーが少子化問題解決」は、携帯で閲覧出来る携帯サイトをご用意しています。 電車の中で、待ち時間に、隙間の時間を見つけたら、ぜひ携帯でアクセスしてください。
QRコード、もしくは下記のリンクより携帯にURLを送信して、ご利用下さい。

携帯にURLを送る

このページのトップへ