少子化問題解決ホーム>> 少子化問題解決の糸口 >> 個人主義とは

個人主義とは

個人主義という言葉(英:individualism)は、もともとラテン語のindividuus(不可分なもの)に由来する。

個人主義は、個人の人格の独自性と自律性を重んじる立場であり、各個人の持つ独特な道徳観、倫理、政治的、社会的立場、目標と要求、場の雰囲気に流されることのない、一個人としての一貫性のある深く統合された思想と責任ある行動を高く評価する。

個人主義は、他者の自由と人格を尊重する点において利己主義とは区別される。また自己の行為と矛盾した態度が許されない合理主義の側面も有する。あるべき姿を自己自身に対して規定する積極的自由(〜への自由(英:liberty to))という側面も有する。

また全体の向上なくして各個人の自由は達成されないという立場から、国家による個人に対する一定の制約を認める点においては、いわゆるアナキズムとは区別される。

※参考:Wikipediaより

少子化問題解決の糸口

少子化に歯止めを
結婚の現状、離婚、再婚の問題点などをあげながら、少子化問題に歯止めをかけるのはどうしたらいいか考えて来た。
>> 続きを読む
個人主義の概念
少子化に歯止めをかけるため、個人主義教育をしていく事が重要だと述べた。
>> 続きを読む
男女のメカニズムの違い
おまけに、結婚という制度において、男女の違いを考えてみる。
>> 続きを読む
婚外出産率
外国人女性の婚外出産率が高い点に興味が引かれます。
>> 続きを読む
法整備に向けて
少子化問題を軸にして、結婚、離婚、再婚、婚外出産、夫婦別姓、個人主義などについて考えて来た。
>> 続きを読む

少子化問題解決携帯サイト

携帯サイトQRコード

「シングルマザーが少子化問題解決」は、携帯で閲覧出来る携帯サイトをご用意しています。 電車の中で、待ち時間に、隙間の時間を見つけたら、ぜひ携帯でアクセスしてください。
QRコード、もしくは下記のリンクより携帯にURLを送信して、ご利用下さい。

携帯にURLを送る

このページのトップへ