少子化問題解決ホーム>> 変革の問題点 >> 子供の教育問題

子供の教育問題

子供の教育は誰の責任だろうか?

多くの親が共働きで、子供達は赤ちゃんのうちから保育園に預けられる現在の社会では、子供の教育を親だけが担うというわけにはいかない。保育園や学校の責任も大きくなってくる。

親の考え方に寄って、色々な教育の仕方がある。これが、保育園や学校になると、画一化されてくる。画一化は弊害だろうか?

世の中には変わった親がいて、子供が部屋で殺人していても気づかない家もある。

ある程度教育が画一化されたとしても、全く教育されないよりは、よいのではないか?親よりも教育機関の方が、子供達と接する時間が長い事を考えれば、教育機関でもう少し積極的に子供の教育の分担をしていくべきであると思う。

しかし、教育の最終責任は、やはり親にある事は忘れてはならない。

変革の問題点

お金の問題
結婚制度そのものを見直すべきだと先に述べた。そして、婚外出産を当たり前のものとして社会的に認める。これが少子化に歯止めをかける唯一の方法であると考えている。
>> 続きを読む
財産と相続
結婚と財産は密接な関係がある。
>> 続きを読む
子供にかかる教育費
子供の学校にかかる費用は、私立か公立かで大分違います。最終的には倍以上の差が出て来る事になります。
>> 続きを読む

少子化問題解決携帯サイト

携帯サイトQRコード

「シングルマザーが少子化問題解決」は、携帯で閲覧出来る携帯サイトをご用意しています。 電車の中で、待ち時間に、隙間の時間を見つけたら、ぜひ携帯でアクセスしてください。
QRコード、もしくは下記のリンクより携帯にURLを送信して、ご利用下さい。

携帯にURLを送る

このページのトップへ