少子化問題解決ホーム>> 変革の問題点 >> 財産と相続

財産と相続

結婚と財産は密接な関係がある。

配偶者が死んだ場合、残された配偶者に財産の半分、残りの半分は子供たちに分けられる。

婚外出産を推奨した場合、財産相続の問題が起こる可能性がある。

ここも、いきなり大きな変革を行えばかなりの風当たりがあると思うが、変革して行かなければいけない部分だと思われる。

現状の法律は、すべて、女性が家に入って働かない状態の時に決められたものである。現在、多くの女性は仕事を持っているし、今後は100%仕事を持つのが当たり前になってくると思う。その中で現在の相続の仕方が正しいのかどうか、考えてみるべきである。

また、内縁の妻、婚外出産した場合についても、言及しておく必要があると思われる。

変革の問題点

お金の問題
結婚制度そのものを見直すべきだと先に述べた。そして、婚外出産を当たり前のものとして社会的に認める。これが少子化に歯止めをかける唯一の方法であると考えている。
>> 続きを読む
子供の教育問題
子供の教育は誰の責任だろうか?
>> 続きを読む
子供にかかる教育費
子供の学校にかかる費用は、私立か公立かで大分違います。最終的には倍以上の差が出て来る事になります。
>> 続きを読む

少子化問題解決携帯サイト

携帯サイトQRコード

「シングルマザーが少子化問題解決」は、携帯で閲覧出来る携帯サイトをご用意しています。 電車の中で、待ち時間に、隙間の時間を見つけたら、ぜひ携帯でアクセスしてください。
QRコード、もしくは下記のリンクより携帯にURLを送信して、ご利用下さい。

携帯にURLを送る

このページのトップへ