少子化問題解決ホーム>> 少子化問題と再婚 >> 再婚の困難

再婚の困難

離婚したカップルの再婚件数も年々増えており、95年では、離婚した男性の76%、女性の64%が再婚しています。

しかし再婚には、お金の問題、子供の問題が絡んできますので、簡単ではありません。

日本に於ける離婚の慰謝料は、多くありません。せいぜい400万円程度であり、養育費も子供一人に付き3万から5万平均です。

離婚したい側にとっても、障壁となる額ではありません。

しかし、子供を引き取った場合に生涯かかる養育費を考えると、引き取る側が相当な覚悟をしなければならないでしょう。

実際に法廷で養育費が決められたとしても、最初の数か月だけ振り込んで支払わなくなるケースがほとんどだからです。

そうです、離婚して子供を引き取った女性の9割は、養育費をもらっていないというのが現実です。

女性の方でも、嫌で離婚した男性とコンタクトを取りたくないので、しつこく請求しないのも原因です。

となると、子供を引きとった側は、相当な経済的負担を覚悟しなければなりません。

現状の日本で子供を大学まで入れるのに、1000〜2000万円かかるといわれています。離婚の慰謝料や養育費でこれを補う事は、日本では難しいです。なので、経済力をしっかり固める必要があります。

逆に、再婚相手が、前の配偶者との子供を持っている場合、再婚するには子供の養育費を支払う覚悟が必要です。

さっきも言ったように、ほとんどの場合、前の配偶者から養育費が支払われていないからです。

また逆に、少数ですが、養育費や慰謝料を分割で支払っているケースもあります。再婚相手が、経済的に苦しい状況というのがあり得る訳です。

これらの事を加味して、再婚を決定しなければなりません。

少子化問題と再婚

再婚後の出産
離婚後300日までに生まれた子どもは、前の夫との間にできた子と推定されて夫の戸籍に入り、母が親権者になります。
>> 続きを読む
再婚禁止期間
離婚後の再婚には男女差があります。
>> 続きを読む

少子化問題解決携帯サイト

携帯サイトQRコード

「シングルマザーが少子化問題解決」は、携帯で閲覧出来る携帯サイトをご用意しています。 電車の中で、待ち時間に、隙間の時間を見つけたら、ぜひ携帯でアクセスしてください。
QRコード、もしくは下記のリンクより携帯にURLを送信して、ご利用下さい。

携帯にURLを送る

このページのトップへ