少子化問題解決ホーム>> 少子化問題と結婚 >> 心理学から見た結婚

心理学から見た結婚

人間が恋心を維持出来る年月は、2年とされています。これは科学的に脳内ホルモンを検証した結果です。

つまり、恋した状態が続くと信じて結婚した場合は、2年以内に破局が訪れることになります。

恋から情愛に移行するケースもあります。その場合は、2年を越えても結婚生活を維持して行く事が出来ます。しかし、世の中は、誘惑に満ちています。結婚した後で、配偶者以外の人間に恋しないとは、誰にも保証出来ません。

結婚は契約ですから、もちろんそうなった場合でも、素直な心をねじふせて、結婚を継続させる事が、法律的には望ましいでしょう。

ある、海外の心理学者がこう言っています。

人間が相手に思いやりを持って好きだと感じられるのは、5年である。だから、5年ごとに結婚を一旦清算して、他の人とやり直す、という制度にすれば、多くの男女が幸せでいられる。

それはきっとその通りなのでしょう。しかし実現していません。実際には、子供の問題、財産の問題、2人の心の密度のズレが発生して、とても難しいのです。

でももし結婚が5年ごとの更新性だったとしたら、浮気や離婚などの負の問題も減るでしょう。離婚したくなければ、また同じ人と契約更新すればいいというわけです。

この発想は個人主義概念から来ていますので、おそらく多くの日本人には受け入れられないでしょう。海外には面白い事を考える人がいますね。

少子化問題と結婚

男女別未婚率の推移
少し前までは、女性の結婚をクリスマスケーキに例えて、「売れるのは25まで、26過ぎたら売れ残って腐る」みたいな失礼な発言をする人がいました。
>> 続きを読む
未婚化は嘆くべき?
表を見て一目瞭然なのは、男女ともに、結婚年齢が年々あがってきていることだ。
>> 続きを読む
日本の結婚とは
日本において結婚という制度は、欧米のそれと違い、長い間、家と家の結びつきを意味して来ました。
>> 続きを読む
結婚のメリット
結婚したい理由の第一位は、「好きな人と一緒に暮らしたいから」です。前にも述べましたが、この考えは自然であり、危険でもあります。
>> 続きを読む
結婚のデメリット
結婚の一番のデメリットは、飽きる事です。相手がどんなに素敵な人でも、必ず飽きます。同じだけの情熱で愛情を注ぎ続ける事は、相当努力しないと無理なのです。
>> 続きを読む
結婚情報会社とは?
結婚相談所、と言う結婚サービスは馴染み深いが、結婚相談所と、結婚情報会社は違うそうだ。
>> 続きを読む
結婚相談所とは?
平結婚相談所はどんな所でしょう?結婚相談所は、真面目に結婚相手を探すための機関です。
>> 続きを読む
結婚相談所へ行ってみた
結婚相談所へ行ってみた友達のコメントです。
>> 続きを読む

少子化問題解決携帯サイト

携帯サイトQRコード

「シングルマザーが少子化問題解決」は、携帯で閲覧出来る携帯サイトをご用意しています。 電車の中で、待ち時間に、隙間の時間を見つけたら、ぜひ携帯でアクセスしてください。
QRコード、もしくは下記のリンクより携帯にURLを送信して、ご利用下さい。

携帯にURLを送る

このページのトップへ