少子化問題解決ホーム>> 少子化問題と離婚 >> 離婚の原因

離婚の原因

離婚の原因で一番多いのは「性格の不一致」、次が配偶者の「浮気」です。

それ以外の理由になると、男女で変わって来ます。男性で多いのは「同居に応じない」「実家の家族と折り合いが悪い」など、女性で多いのは「暴力を振るう」「生活費を渡さない」などとなっています。

暴力を振るったり、同居したくないというのは、性格の不一致に含められますから、殆どの人は、性格の不一致で離婚します。これは、最初に述べた通り、好きだから、恋しているから一緒にいたい、という理由で結婚した人に顕著です。恋が醒めれば、性格の不一致となるのです。

精神的に虐待する、家族を顧みない、飲酒がすぎる、などそれ以外の理由もみんな、性格の不一致に含める事が出来ます。

結婚は契約です。好きなだけでは成り立ちません。とくに日本の場合はまだまだ家同士のつながりが強いですから、相手の家族とも上手く生活して行けなければ、結婚の維持は困難になって来ます。

子はかすがいという言葉がありますが、確かに子供のために離婚を思いとどまる人は多いでしょう。

けれども逆に、子供のことが原因で離婚になるケースもあります。

子供への虐待や、教育方針の違いなどです。

一概に子供がいれば離婚が減るとは言えなようです。

これだけ離婚が増えてくると、まわりの友達の中に必ず離婚経験者が出てきます。

私の周りにも、未婚、離婚あわせたら、結婚している人の方が少ないくらいです。

これは20年前にはあり得ないことだったのではないでしょうか。

子供の保育園でも、わかっているだけで2割は離婚していて片親です。

昔のように悲壮感漂った貧しい母子家庭のイメージはなく、どのお母さんも綺麗にしています。

離婚が増えているのは、原因が増えているからではなく、浮気や暴力を我慢してまで養ってもらう必要がなくなったからと言えるでしょう。

少子化問題と離婚

離婚率の上昇
戦後、日本の離婚率は長期にわたって低く推移していましたが、近年は急激に上昇しており、2000年にはなんと26万件の離婚者がいます。
>> 続きを読む
現状の法律
法律で定められている結婚は、日本国憲法 第24条【家族生活における個人の尊厳と両性の平等】に記されています。
>> 続きを読む
離婚の種類
離婚の方法として、協議離婚・調停離婚・判決離婚があります。
>> 続きを読む
離婚の慰謝料@
芸能人や有名人が離婚する話題でも、しばしば離婚慰謝料が注目される。
>> 続きを読む
離婚の慰謝料A
離婚慰謝料とは、離婚の原因を作った方が相手に支払うものだ。
>> 続きを読む
離婚の慰謝料B
離婚慰謝料を請求して離婚する場合、離婚慰謝料についての双方の話し合いは不可欠だろう。
>> 続きを読む
慰謝料と財産分与
離婚におけるお金関連事項として、慰謝料と財産分与のほか、子供に対する養育費と離婚成立までの生活費があります。
>> 続きを読む
養育費
養育費については、義務教育卒業まで、満18歳まで、高校卒業まで、大学や専門学校卒業まで、の4つの中から選択出来ますが、一般的に高校卒業まで支払うケースが多いようです。
>> 続きを読む
離婚後の姓
離婚をすると姓が変わっていた人は旧姓に戻るのが原則です。
>> 続きを読む
離婚原因における不貞行為
判例上「不貞行為」と位置づけられるのは、男女間の性交渉であり、性交渉を伴わない男女の密会等は「不貞行為」には該当しません。また、通常、「不貞行為」が離婚事由となるためには、一回だけではない反復した「不貞行為」が必要とされます。
>> 続きを読む
内容証明とは
「内容証明」とは、正確には「内容証明郵便」という「郵便」の一種です。
>> 続きを読む

少子化問題解決携帯サイト

携帯サイトQRコード

「シングルマザーが少子化問題解決」は、携帯で閲覧出来る携帯サイトをご用意しています。 電車の中で、待ち時間に、隙間の時間を見つけたら、ぜひ携帯でアクセスしてください。
QRコード、もしくは下記のリンクより携帯にURLを送信して、ご利用下さい。

携帯にURLを送る

このページのトップへ