少子化問題解決ホーム>> 少子化問題と離婚 >> 現状の法律

現状の法律

日本国憲法 第24条【家族生活における個人の尊厳と両性の平等】

・婚姻は、両性の合意のみに基いて成立し、夫婦が同等の権利を有することを基本として、相互の協力により、維持されなければならない。

・配偶者の選択、財産権、相続、住居の選定、離婚並びに婚姻及び家族に関するその他の事項に関しては、法律は、個人の尊厳と両性の本質的平等に立脚して制定されなければならない。

法律で定められている結婚は、上記の通りです。

家同士ではなく、個人と個人である事が盛り込まれていますが、あまり意味を持たない文章です。客観的すぎるからです。

夫婦が同等の権利を有する、とあるにもかかわらず、現状はそうはいかないからです。

それを判っている人が、結婚に躊躇します。従って結婚しない人が増えたり、晩婚化が助長されるのです。

結婚の制度そのものを見直さねば、少子化には決して歯止めがかからないでしょう。

少子化問題と離婚

離婚の原因
離婚の原因で一番多いのは「性格の不一致」、次が配偶者の「浮気」です。
>> 続きを読む
離婚率の上昇
戦後、日本の離婚率は長期にわたって低く推移していましたが、近年は急激に上昇しており、2000年にはなんと26万件の離婚者がいます。
>> 続きを読む
離婚の種類
離婚の方法として、協議離婚・調停離婚・判決離婚があります。
>> 続きを読む
離婚の慰謝料@
芸能人や有名人が離婚する話題でも、しばしば離婚慰謝料が注目される。
>> 続きを読む
離婚の慰謝料A
離婚慰謝料とは、離婚の原因を作った方が相手に支払うものだ。
>> 続きを読む
離婚の慰謝料B
離婚慰謝料を請求して離婚する場合、離婚慰謝料についての双方の話し合いは不可欠だろう。
>> 続きを読む
慰謝料と財産分与
離婚におけるお金関連事項として、慰謝料と財産分与のほか、子供に対する養育費と離婚成立までの生活費があります。
>> 続きを読む
養育費
養育費については、義務教育卒業まで、満18歳まで、高校卒業まで、大学や専門学校卒業まで、の4つの中から選択出来ますが、一般的に高校卒業まで支払うケースが多いようです。
>> 続きを読む
離婚後の姓
離婚をすると姓が変わっていた人は旧姓に戻るのが原則です。
>> 続きを読む
離婚原因における不貞行為
判例上「不貞行為」と位置づけられるのは、男女間の性交渉であり、性交渉を伴わない男女の密会等は「不貞行為」には該当しません。また、通常、「不貞行為」が離婚事由となるためには、一回だけではない反復した「不貞行為」が必要とされます。
>> 続きを読む
内容証明とは
「内容証明」とは、正確には「内容証明郵便」という「郵便」の一種です。
>> 続きを読む

少子化問題解決携帯サイト

携帯サイトQRコード

「シングルマザーが少子化問題解決」は、携帯で閲覧出来る携帯サイトをご用意しています。 電車の中で、待ち時間に、隙間の時間を見つけたら、ぜひ携帯でアクセスしてください。
QRコード、もしくは下記のリンクより携帯にURLを送信して、ご利用下さい。

携帯にURLを送る

このページのトップへ